ブログ

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

ブログ

2021/07/22
洗口液に含まれるフッ素について

こんにちは。
4月からダイヤモンド歯科に入社致しました、歯科衛生士の森本です。
明るく元気にダイヤモンド歯科の一員として頑張っていきたいと思います!!
私のように新社会人になったり、環境が変わった方々はたくさんいると思いますが環境が変わると疲れが溜まり、日々の歯ブラシの時間が短く、疎かになりがちです。そんなときは効率のいいブラッシングができると合理的ですよね。正しいブラッシングを習得して忙しい日々でも、ご自身の歯の健康を守っていきましょう!!

皆さんはむし歯を減らす『うがい薬』って知っていますか?
むし歯予防に世界中で大活躍のフッ素!じつは、土や海、川の水にもたっぷり含まれる天然のミネラルなんです。今日は、フッ素を使ったうがいについてのお話をしていきたいと思います。

うがいをするだけで、むし歯が減るの!?って驚かれる方もいるかと思いますがこれは本当なんです!
やり方は簡単で、フッ素入りの洗口液でうがいをしてはき出すだけです。フッ化物洗口と呼ばれている方法で、はき出したあと口をゆすぐ必要がないためお口の中にフッ素が残って効果が高くなります
フッ化物洗口は、厚生労働省がガイドラインをつくって全国の都道府県に周知しているむし歯予防です。
実際にどのくらいの効果があるのかというと、フッ化物洗口を始める前と始めた後のむし歯の本数の違いが、およそ90〜100%減少しているデータがある程です。
フッ化物洗口は4歳くらいからはじめるのがベストと言われています。フッ化物洗口は大人にも効きますが、4歳からはじめることでより効果が高くなります。小学校からはじめた場合のむし歯予防率は38.8%。それに比べ、4歳からだとなんと78.9%だったという研究もあるんです!
フッ素入りの歯磨き剤+フッ化物洗口では、フッ素を摂り過ぎなのではないかと心配される方もいると思いますが、この2つを同時に使ってもフッ素摂取量に問題はありません。同時に使うことでより歯質は強化されます。

お家で行うフッ化物洗口の注意点は
•開始はブクブクうがいができるようになってから。
•歯科医師や薬剤師の指導を受けましょう。
•1日1回、夜の歯磨きをしてから布団に入る前にするのがおすすめです。
•洗口液はお子さんが飲み込んだりしないように注意して保管しましょう。

フッ化物洗口は毎日の歯磨きにプラスすることで歯質の強化に繋がりますので、ぜひ皆さんもお試しください!!

2021/07/08
舌のトレーニングについて

はじめまして。
4月から新しく歯科衛生士としてダイヤモンド歯科に務めさせて頂く事になりました、田村です。よろしくお願いします。
最近は暑かったり寒かったりする日々が続きますが、みなさんも体調管理にはお気をつけくださいね♪
さて、突然ですがみなさんの舌の先はいつもどの位置にありますか?
上あごの天井付近でしょうか?それとも前歯でしょうか?
じつは舌には収まるべき正しい位置があります。
リラックス時に舌が上あごの天井につきつつ、舌先は前歯に触れないか、触れたとしてもほんの軽く触れるくらいの位置が理想です(このとき、上下の歯も離れているのがよいとされます)。
対して、舌が上あごにつかず、低い位置にあり歯にもたれかかっていると、常に歯に力が加わってしまいます。
力が加わっていると、下に押されて歯が前に出てきます。
上の歯が前に出れば出っ歯に、下の歯が前に出れば受け口になります。
さらに下の力が顎の成長にまで影響すると、奥歯を噛み合せていても前歯が開いてしまう『開咬(かいこう)』になりやすくなります。
開咬になると、くちびるが閉じにくく見た目が良くないだけでなく、奥歯に噛む力が集中するため、奥歯への負担が大きくなってしまいます。
また、舌の位置が良くないと矯正治療もスムーズに進まないことがあります。
こういった舌の位置の異常の原因には、舌を持ち上げる筋肉が弱かったり、舌を歯に当てる癖がついてしまっているなどが考えられます。
では、舌の正しい位置を体に覚え込ませるにはどうすればよいでしょうか
ここでは簡単にできるお口のトレーニング方法を3つご紹介します
① 鏡を見ながら棒を上あごの天井、前歯にギリギリ触れないあたりの位置(= スポット)を確認し、実際に舌の先をスポットにあてます。
このとき舌の先は丸めないようにしましょう。
② 舌の先をスポットにつけて、口を閉じ、舌全体を上あごに吸い上げ、そのまま口を開けて " ポンッ!" と音を出します。
舌を上にあげる力が弱いと、音が綺麗に鳴りません。
③ 舌の先をスポットにつけ、両手を頬にあて、奥歯を噛みしめます。両手をこめかみ、耳の上に当てて、同様に奥歯を噛みしめます。
この3つのトレーニングは簡単に行えるので是非みなさんも試してみてください!
歯に加わる力のバランス、歯並びを乱す原因となりやすいのが舌です。
もし、自分の舌の位置が正しい位置になかったという方は、上記のトレーニングを根気よく続けて素敵な歯並びのために頑張っていきましょう!

2021/06/24
唾液のちから

皆さま、こんにちは☆★
歯科助手の堀岡です。
早いもので、2021年も、半分が終わってしまいました。
今年の前半は、いかがお過ごしでしたか?
私は、読書をしたり、名作とよばれる昔の映画を観たり、、、そして、一番、力を入れたのは、おうちの断捨離です☆★

そして、ダイヤモンド歯科でも、院長と、歯科助手の先輩と一緒に、ダイヤの美化委員会と称して、院内のお掃除に力を入れています
職場が綺麗だと、気持ちがよく、加えて、皆と一緒にお掃除するのは、とっても楽しくて、まだまだ、綺麗にしていこうと、やる気満々の今日この頃です☆★


さて、本日私がお話するのは、唾液のちからについてです。
私たちのお口の中の「唾液」。ほとんどの人にとって、ふだんは意識しない、関心がないものでしょう。
ですが、唾液は、お口の健康を守るため、日夜戦う働き者。
おまけに全身の健康にも大きく影響しているのです。
唾液には、たくさんの役割があり、単なる水ではなく、非常に高性能な「機能水」といえます。
唾液の99%以上は水。ですが、残りの1%に様々な成分が含まれています。


唾液のお口のへの役割は、

①お口を清潔に保つ
(食べかすや細菌を洗い流して、お口を清潔に保つ自浄作業)

②お口の粘膜を守る
(唾液が減ると粘膜の潤いが足らず、傷ついて口内炎などになる)

③お口のなかを中性にもどす
(飲食をすると、お口の細菌の出す酸や飲食物の酸により、もともとの中性phが酸性に傾き、歯の成分が唾液に溶け出してしまうが、唾液はお口のなかのphを中性にもどす)

④歯を補修する
(唾液中に溶け出した歯の成分は、時間をかけて唾液から歯に戻り、歯が補修されていく)

⑤細菌感染から守る
(唾液の自浄作用と、IgA、リゾチーム、ラクトフェリンなどによる抗菌作用で、むし歯菌や歯周病菌などの細菌の活動が抑制される)

⑥食べ物をまとめる
(細かく噛み砕かれた食べ物を湿らせて、食塊にまとめることで、飲み込ませやすくする)

⑦消化を助ける
(アミラーゼという消化酵素がデンプンを分解し、消化を助ける)

⑧味を感じさせる
(食べ物の成分が唾液に溶けることで、味を感じやすくさせる)

唾液は、お口のはたらきだけで、こんなにも大活躍なのです。
唾液がその力を発揮するためには、お口のなかに、ある程度の量がないとできません。
唾液が少ない、減ってきた、もっと唾液を増やしたいというかたは、水分をよくとることと、よく噛んで食べることを、オススメします☆★

2021/06/12
メインテナンスのチェックで大切にしていること

皆さまこんにちは! 歯科衛生士の萩原です。

早いもので2021年も残り半分、年が明けてからすでに半年経ってしまいました...(°▽°) 時間ってあっという間です。 

先日、100円ショップで材料を揃えて、マガジンラックを作りました。木製でなんと車輪付き

無計画でしたがなかなか上手にできました(^-^)v

片付けてもすぐに散らかる書類や雑誌がまとまって、お部屋もスッキリです♪

さて、今日は歯科で行われているメインテナンスについてご説明いたします。

実際にどんなことをチェックしてからクリーニングをしているのか、ご参考になればと思います。

私たちの歯科医院では歯の汚れを落とすだけではなく、専門的な知識と見解を持った上で、患者さん一人一人の口腔内にあったアドバイスや細菌のコントロールを行います。

・虫歯の再発の予防

・歯茎の退縮に対する対応

・歯周病の再発の予防

・インプラントの周りに起きる炎症の予防

 

次に、噛む力や噛み合わせへの対応として

・噛み合わせの変化によって起きるトラブルの予防

・被せ物など人工歯の維持

(歯の欠け、すり減りなどの早期発見と補修)

・知覚過敏の歯への対応

その他に

・酸蝕歯への対応、食生活問診

・粘膜の異常のチェック

(口内炎への対応、口腔がんの早期発見)

・歯や被せ物の色調の経年変化の管理

などが挙げられます。

たまに患者様から、"一度治療した歯は虫歯にならないと思ってい"と聞くことがあるのですが、そんなことはありません。

治療をしっかり行なった後でも、検診やメインテナンスの期間が半年以上空いてしまったり、ホームケアや食生活の乱れが原因で、被せ物の際から虫歯が新しくできてしまうことがあります。

歯周病においてはかなりの確率で再発を繰り返します。 

ライフステージや生活習慣、食生活で虫歯や歯周病のリスクは変動しますから、お口の中の健康を維持するためには定期的なチェックが大変重要なのです。

例えば、お口の中に被せ物がある場合。

被せ物を長く使っていくには、土台の歯が虫歯や噛む力で傷んでしまわないように守っていく必要があります。

しかし、被せ物をするほど大きな虫歯だった歯は、健全歯の頃とは状況が違っていて、虫歯に対しても、噛む力に対してもだいぶ弱くなっているのです。

その構造はいわゆる"差し歯というものですが、神経をとってしまった場合、被せ物をした歯の寿命は土台の役目をする患者さんご自身の""にかかっています。

しかし、"土台となる歯"は、神経をとってしまった場合、痛みがでることはありません。 

歯のことは、「痛くないから大丈夫」「見た目が黒くないから大丈夫」と判断しがちですが、虫歯の確認において、痛みと見た目はあまり役に立たないことがほとんど。

また、噛む力が異常に強い方の場合、食いしばる力です歯を割ってしまうこともしばしばです。

今回は被せ物をしたことがある歯のリスクに焦点を当てましたが、他にもお口の中はいろいろなトラブルが起こりやすい場所であります。

ご自身で把握することが難しい現在の歯の状況や環境を、定期的な検診を受けることで専門医や衛生士と一緒に管理、延命、維持していけます。

最近歯科から遠のいてしまっていたら、ぜひご自身の口腔内の状態を知るために、歯医者さんでの定期的な検診とクリーニングを受けましょう(^^)

参考文献:nico 2020 1月号

2021/05/05
歯の根の治療

皆さま、こんにちは☆★
歯科助手の堀岡と申します。
桜の花が、春風に誘われて、咲きほころんでいますね。
暖かくなり、春の陽気がとても心地良い今日この頃です。

皆さんは、歯の根の治療をご存知ですか?
歯の内部には神経があり、それが通る管を「根幹」と呼びます。
羽野真剣に虫歯が及んでいるというのは、根幹の中の神経が、細菌感染を起こしている状態です。
虫歯の穴から細菌が入り込む以外にも、歯ぎしりなどの過剰な噛む力や、転んだ、ぶつけたなどの外傷により、歯に亀裂が生じ、そこから最近が神経に入り込んで、感染を起こすこともあります。
ズキズキとした非常に強い痛みは、細菌が起こす炎症や、炎症によってできた根の先の膿によります。
歯の根の治療は、「端の内部の細菌感染を起こした部分をきれいに取り除く」治療です。
根幹の中を掃除するので、「根幹治療」ともいいます。
取り除いた後は、細菌を新たに入り込ませないように、削った隙間を埋めます。
感染した部分がなくなれば痛みもなくなってきます。
とはいえ、感染部分をきれいに取り除くのは非常に難易度が高いです。
根幹は1ミリ以下と非常に小さく、形も複雑。
しかも相手は数マイクロメートルという、ミクロの細菌。
取りきれていないとまた繁殖して、感染を起こします。
ですから、歯の根の治療は、歯科治療の中でも最も難しい治療の1つとされています。治療を受けられる際には、これをまずご理解いただければと思います。

歯の根の治療は、1本の歯が人間だとしたら、心臓にあたる神経メスを入れる大手術です。歯科治療の中でも特に難易度の高い治療で、ある研究では、成功率は68%から85%と言われています。しかしこれは、逆にいえば、そのままでは抜くしかなかった端を残せる可能性が6から8割あるともいえます。

治療の成功率を上げるために、
①強い痛みが出たらすぐに受診を。
歯の神経が細菌に感染して死んでいくときに、強い痛みが生じます。それは断末魔の姫のように、ときにに激しく、ときにかすかに続きますが、週間もするとある日ぱたりと痛みが止まります。
それは痛みがなくなってよかったではなく、非常にまずい兆候です。神経が完全に死んで、痛みを感じなくなってしまったのです。
ですから強い痛みが出たらすぐに受診を。神経がまだ死んでいない時、つまり今家の中で細菌感染が広がりきっていない時に鯱できれば、治療の成功率が上がります。

②仮詰、仮歯の段階で中断しないで。
患者さんの体調や治療時間の関係から、根幹内の洗浄がその日のうちに終わらなかったときには、治療途中の歯に仮詰めをします。
一方、根幹充塡が終わってから本番の被せ物のでき上がりを待つ間には、仮歯を入れます。
繰り返しになりますが、どちらも応急的な処置に過ぎません。劣化したり外れたりすると、また歯の中に細菌入り込んで感染を起こし、治療失敗となります。
仮詰や仮歯の段階で治療を中断せず、最後まで通ってください。

③治療した歯に無理をさせないで。
これは治療後の話ですが、神経のなくなった歯は、神経のある歯より構造的に弱くなります。ですから、歯の治療した歯は大事に使ってあげましょう。

2021/04/22
お口の中の日和見菌

こんにちは!歯科衛生士の萩原です。

最近のマイブームはおつまみに煮干です。笑

ずいぶん長い間食べていなかったのですが、久しぶりに煮干しをポリポリ。大きな煮干しより小さめのほうが美味しい気がします(^^)

身体が喜んでいるのかなかなか手が止まらない。。

カルシウム補給にもおすすめですので、皆さまぜひお試しください♪

今日は口腔内の細菌について、日和見菌についてお話ししたいと思います。

私たちのお口に棲む細菌は1000種類以上いて、キレイに歯磨きしていても100億個が棲み、雑だとその数はなんと1兆個!! ((((;゚Д゚)))))))

そんな切っても切れない細菌との縁。上手に付き合う作戦が必要ですね。

まずは"細菌だちの生態"についてお話ししたいと思います。

私たちに棲みつく数百兆もの細菌。 彼らは口、腸、膣、皮膚にマイクロバイオームと呼ばれる固有の世界を作っています。 この細菌たちの性質を大きく分けると、"善玉"  "悪玉"  "日和見で、その約20%が善玉菌、約10%が悪玉菌。 残り70%がどちらにも転ぶ日和見菌です。

悪玉菌は毒性のある酵素やガスを出し、私たちの細胞を傷つけます。

しかも悪玉菌は、多数派の日和見菌を味方につけるのがとても上手。 じつはこのマジョリティーである日和見菌は非常に厄介な存在で、善玉菌が優勢だも無害なくせに、悪玉菌よ勢力が強くなると、それに加担して悪さを働きはじめるのです。

たとえば腸内にいる日和見菌の太っちょ菌(フィルミクテス菌群)は、その典型例。 腸内の善玉菌が元気だと静かにしているのですが、肉類などの高カロリー食が続くことで善玉菌が衰えて悪玉菌が元気になると、増殖しカロリーを取り込み悪玉菌の謀略に加担します。

こうなると、脂肪細胞に働きかけ脂肪沈着を抑えてくれるスリムな菌 (バクテロイデス菌軍も減ることがわかっており、肥満が加速し、私たちの健康ライフは破綻に追い込まれてしまうのです。

日和見菌のプロフィールを作るとするならば...

性格:普段は控えめ。周りに影響されやすい。

得意技:悪玉菌が増えるとワルくなり、悪玉菌が  優勢だと穏やかになる"変わり身の早さ"

自己PR:善玉でも悪玉でもない細菌の通称

といったところでしょうか。

大腸菌や太っちょ菌など、誰もが持っている細菌の感染を防ぐのはまず不可能と言われています。

悪玉菌に日和見菌が加担すると、歯周病・口臭肥満・糖尿病、アレルギー、がん、老化・認知症、肌荒れ、便秘・下痢

などのリスクがあるとも言われていますが、

感染を防ぐばかりが能ではないことについてもふれたいと思います

私たちは生まれるとき、お母さんの膣から乳酸桿菌をもらいます。 それが私たちの腸内で増えるおかげで、オリゴ糖の含まれる母乳を消化できるようになるそうです。

また、虫歯菌をうつさないため、お子さんとのスプーンを共有しないようにと、気をつけているご家族も多いことでしょう。

気をつけることはもちろん大切ですが、実際のところ誰もが持つ虫歯菌の感染を、パーフェクトに防ぐのはとても難しいものです。

"感染しないように"と頑張るよりも、感染したかもしれないお口の中で、細菌たちをのさぼらせないような戦略を立てるほうが得策なのです

口腔内の例で挙げると、、

細菌たちの棲家となるのは歯垢(プラーク)です!

ですから、上手に細菌を除去できる歯の磨きかたや、定期的な検診と専門家によるクリーニングで、お口の中の細菌叢をコントロールしていきたいですね

 

2021/04/08
生活習慣と歯周病

歯科衛生士の冨岡です!

春の暖かさが感じられる時期になりました♪
桜やチューリップなど、季節の草木が咲き乱れ、心躍る季節ですね!
ダイヤモンド歯科には4月から新しい歯科衛生士さんが2人加わり、新体制でスタートします!
新しいメンバーと一緒にさらにダイヤモンド歯科を盛り上げたいと思います!
まだまだ寒暖差は激しいので皆様風邪などひかれないよう気をつけてください
今回は「生活習慣と歯周病」についてです♪
初めに、歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症生疾患で、歯の周りの歯茎や歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。
歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないと、多くの細菌が停滞し、歯肉が炎症を起こして腫れたり出血が出たりします。
重度の場合は膿が出てきたり歯が揺れてきたりして、最終的に歯を失うことになります。
歯周病の原因は3つ(病因、宿主、環境)あります。しかし、これらの3つの原因の全てが科学的に証明されているわけではありません。
そのため、歯周病の発生、進行に関係があると考えられる因子を危険因子(リスクファクター)と呼びます。
では生活習慣に潜む危険因子とはどのようなものでしょうか。
●肥満
BMI値とは国際的な体格指数であり、BMIが22で標準体型、BMIが25を超えると肥満を意味します。
BMI値が25以上の人の歯周病リスクは3倍に上がり、30以上の人は約8倍と跳ね上がります。
●喫煙
毎日一箱のタバコを15年吸い続けた場合の歯周病リスクは約2.4倍。
30年吸い続けると約5.7倍になります。
●飲酒
毎日の飲酒(純アルコール量で1日33g、大瓶ビール一本ぐらい)で歯周病リスクは約2.7倍になります。
●飲酒で顔が赤くなる人の歯周病のリスク
●ストレス
ストレスにより免疫系は影響されることから、ストレスと慢性歯周病との関連が調査され、経済的ストレス精神的ストレスは
歯周病に関係していることが報告されています。
●受動喫煙
喫煙は明らかな危険因子ですが、喫煙者と一緒にいることも危険因子になります。
能動喫煙者の場合約5倍、受動喫煙者の場合約3倍の歯周病リスクが上がります。
上記以外にも、季節の変わり目や、新生活が始まる時など、、、さまざまなことがきっかけで口腔内に影響を与えることがあります
歯周病は生活習慣病のようなものです。
シンプルですが健康的な食事、良質な睡眠、適度な運動が理想的ですし、お口にとっても大事になってきます。
歯周病はもちろん、お口に何かトラブルが起きるのはいろいろなバランスがくずれる時です。
定期的なメインテナンスで早期発見し重症化する前に予防で食い止めることが大切です。️
みなさん、ぜひ歯科検診を定期的に受けましょう♪お待ちしております。

2021/02/20
歯科医院経営セミナーに参加してきました!

こんにちは!勤務医の菊地です。

春らしい陽気から真冬のような寒さになる寒暖差が大きくなる時期ですので体調管理にどうぞお気をつけくださいませ。

先日は横浜市の小机歯科医院で行われる歯科医院経営に関して必要な知識を勉強してきました。

講師は久保倉弘孝先生という、以前から歯科医師向けの経営や臨床の現場において幅広くご活躍されている先生で、今回は日々変わる保険診療詳細や医院系のポイントを事細かに説明してくださいました。

今回のセミナーでのポイントは予防歯科の推進、古い知識を常にアップグレードしていく姿勢の重要性の再認識でした。

まず予防歯科についてです。みなさんもよくテレビ番組の合間のコマーシャル(CM)で歯ブラシや歯磨き粉に関することをご覧になる機会がとても多いと思います。以前は健康番組の合間のCMでみられることが多かった思いますが、医療とは関係ないCMの合間にもよく見られますよね。これは国をあげて予防歯科の推進を図っておこなわています。厚生労働省の歯の健康において、この予防歯科の概要が記載されています。「歯及び口腔の健康を保つことは、単に食物を咀嚼するという点からだけでなく、食事や会話を楽しむなど、豊かな人生を送るための基礎となる」というQOL(Quality of life 生活の質)の向上を同時に謳っています。具体的な予防項目としては、歯の喪失の防止、幼児期のう蝕予防、学齢期のう蝕予防、成人の歯周病予防があります。

ではどのように予防を進めていけば良いのか?それは、自己管理(セルフケア)能力の向上、口腔の定期管理などが挙げられます。セルフケアは歯科医院で歯科医師・歯科衛生士より専門的な口腔ケアの方法(歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロス)の説明を受けられます。定期管理は新たにむし歯や歯周病の発見、進行を抑制するために定期的に歯科医院を受診していただくことが予防につながることをしめしています。セミナーでは国の指針もとても重要であるため、常に参考にすることを再確認できました。

次に古い知識を常にアップグレードしていくということです。全ての業界、社会において共通して言えることだともいますが、常に新しい知識を学んでいく姿勢が社会人そして歯科医師としも改めて大事だなと実感しました。当医院院長宮島も常に新しい知識を取り入れることの重要性を私に伝えてくださっています。

今回のセミナーにおいてもコロナウイルス対策として、換気・手指消毒の徹底・密な空間を避けるなど万全の態勢性で行われました。やはり、勉強はとても楽しいです、自分に足りないことを積み重ねることでほんの少しずつではありますが自身の成長を実感できます。

今後も皆様により良い医療提供のため学びを続けていく所存です!

2021/01/08
インフルエンザの対策×お口の健康


皆さま、こんにちは☆★
すっかり寒く、なりましたね。
歯科助手の堀岡です。

イルミネーションが、とても綺麗で、まちのクリスマスの雰囲気に、ウキウキしてしまいます。
コロナの影響もあり、クリスマス、お出掛けはしませんが、去年からですが、毎年一つ、クリスマスオーナメントを買うことにしたので、今年もクリスマスマーケットへ行こうと思います☆★
とても、可愛らしい、クリスマスの雰囲気を楽しめるので、クリスマスマーケット、オススメです♪♪


さて、コロナの拡大が心配な毎日ですが、インフルエンザが流行だしてきました。
予防には、暖かくして、栄養を摂って、マスクをして、、、
外から帰ってきたら、うがいや手洗いをして、、、
実は、もう一つ、できることがあります。
インフルエンザの感染には、お口のなかの細菌も影響します。
ウイルスが悪さをするのを、細菌の酵素や毒素が助けてしまうのです。
これを防ぐためにも、日ごろからのお口の健康と歯みがきが大切です。


虫歯や歯周病などのお口の病気にかかってる人や、お口の清楚が不十分な人は、インフルエンザにかかりやすく、重篤になってしまうことが証明されています。

ウイルスは、細菌にくっついていて、そのなかに入り込んで生きる病原体です。
鼻や口からからだに入り込んだウイルスは、鼻腔や咽頭などの上気気道の粘膜に付着します。
そして、ウイルス表面にある特殊な突起"HA突起"をカギのように差し込んで、粘膜の細胞内に侵入します。
細胞のなかで増殖せて仲間を増やすと、今度は表面にある"NA突起"をハサミのように使って、隣の細胞に飛び出し付着して入り込んでいきます。これが繰り返されてウイルスに侵された細胞が増えていき、インフルエンザが発症します。

お口のなかには、何百種類もの細胞菌が数百億も住みついています
細菌は、唾液や、歯と歯茎の間から滲み出る体液を栄養にして増えます。
それらの細菌が出す酵素は、上気道の粘膜を覆っている薄い膜を溶かしてしまいます。
すると、細胞表面のレセプター(受容体)が露出し、インフルエンザウイルスをキャッチするようになります。

レセプターが露出することで、HA突起やNA突起、つまり、ウイルスのカギとハサミの働きが助けられるのでらウイルスの感染が広がりやすくなります。
また、細胞がつくる毒素は、細胞に害を及ぼしてウイルスの侵入を許してしまいます。

過剰に増えた細菌は、このようにインフルエンザウイルスの感染を助けます。
ですから、日ごろから歯磨きなどでしっかりお口の清掃をし、歯科医院に通ってお口の健康を守ることが、インフルエンザ予防に大切です。
ウイルスの悪い友達になる細菌をすくなくしておけば、インフルエンザにかかりにくくなります。☆★

それでは、素敵なクリスマス✖️お正月を過ごせますように♪♪

2020/12/18
おやつについて

皆さまこんにちは♪

歯科衛生士の萩原です。最近急に寒くなりましたね!

今朝窓を開けたら北風を感じて驚きました。2020年はあっという間でしたね、これからまた寒くなりますので、手洗い、うがいをしっかり行って、風邪の予防をしていきましょう。

先日オンライン講習会で歯周病の新しい分類について学ばせていただきました。

前半はおさらいで簡単でしたが、後半の講義では今までの経験や知識がないと理解するのは容易ではなく、久しぶりに難しい、と思った講習会でした。()  

ですが勉強することで自分の中にまた新しい知識が落とし込めたので良かったです。

さて、今回はお子様のおやつの取り方についてお話したいと思います。まずはおやつの役割についてです。

おやつの1番の大きな役割として、"栄養の補充"があります。小さな子は一度の食事で食べられる量が少なく、必要な栄養素が取れない場合が多いです。

そこで、おやつを取ることにで お子様に足りない栄養素を補充するのです。

不足しがちな栄養素としては

鉄 カルシウム ビタミン  の3つがよくあげられるそうです。おやつをあげる時にはこの3を意識してあげるといいですね(*^^*)

そして、おやつは食育にもなります。

一緒に作ることで食べることに興味が湧いたり、

親子で一緒にお話したり、楽しい時間を過ごすことで子どもがリフレッシュできる効果もありめす。

では与える時のポイントをいくつかあげていきましょう。

①好きな時に好きなだけ、いつでも与えることをしない。虫歯や肥満の原因になるので良くありません。

②おやつの量に気をつける。おやつメインでご飯が食べられないなんてことになっ

てまうと、健康な身体作りはできませんね。

③時間を守ってダラダラ食べない

ダラダラ飲み、ダラダラ食いは虫歯を作ったり、食事を摂らなくなったりする原因になります。おやつがほしくてぐずられたりすると与えて機嫌をとってしまうこともあるかもしれません。ですがこれが続くと食生活が乱れる原因となります。時間を決めて、その時間以外にはおやつを出さないように気をつけたいところです

おやつを食べる時には、飲み物も一緒に出しましょう。子どもは体温が上がりやすく、汗をかきやすいのでたくさんの水分を必要とします。

麦茶や牛乳などがいいですね

甘いジュースや野菜ジュースは、お砂糖が大量に使われているため、虫歯をつくりやすいので気をつけましょう。

理想的なおやつといえば

近代的なお菓子よりも、やはり昔からあるもの。

ふかし芋、干し芋、小魚、豆類、季節の果物、蒸しパンなど

他にも 餃子の皮で作った簡易ピザ、おにぎり、

無糖のヨーグルトにはフルーツやきな粉をまぜたりすると美味しく食べれます♪

市販のものだと おせんべい、野菜チップス、たまごボーロ、ポップコーン など

美味しく食べて、健康的なのが理想ですね!

ぜひご参考にして、毎日のおやつに取り入れて頂ければと思います(^^)

わたしも実践します♪

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます