- ブログ

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

ブログ

2010/06/04

クリーニングの必要性について

 

患者様とお話していると、

「歯ブラシ指導や定期的なクリーニング(メンテナンス)は本当にしたほうが良いですか?」

と聞かれることがよくあります。そのことについて私の考えを述べたいと思います。

 

まず、お口の中の病気で大きく問題になるのは虫歯か歯周病です。

今までに虫歯の治療をされている方は、また磨き残しがあればそこから虫歯になる可能性があります。そして、歯周病は成人を過ぎると、程度の差はありますが、多くの方がなっていることが多いです。歯周病が進行すると、歯を支えているあごの骨が溶かされ、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

虫歯にしても歯周病にしても磨き残しにたまる細菌が原因なので、それさえなければ基本的にはかかりません。しかし、磨き残しが放置されると歯石となり、御自身の歯ブラシでは取れませんし、そこに細菌がたまっていきまた悪さをします。そうなると歯科医院で用いる器具を使わないと歯石はとれません。ですので病院ではクリーニング時に歯石や汚れを取るのです。  では、定期的に歯科医院でクリーニングをしていれば大丈夫かといわれると、そうでもありません。クリーニング後にご自身で綺麗にケアできないと、また磨き残しがたまります。そうするとそこに細菌が溜まり、状態が悪くなる可能性があります。例えば、三ヶ月に一回クリーニングをしたとしても、次の三ヶ月まで磨き残しがある状態になってしまいます。

やはりお口の健康を保つためには、御自身でいかに歯ブラシしていけるかが大切になるのです。ですので当院では、クリーニングは余程お急ぎでない限り、先に歯ブラシ指導をさせていただいております。

また、歯ブラシもただ1回練習すれば、すぐにできるようになるかというと、人それぞれクセがあるので、大体2~3回は指導させてもらうことが多いです。ただ、完全に歯ブラシが出来ないからといって、病院での器具を使ったクリーニングをしないというわけでありません。歯ブラシ指導と平行して行えます。

そして御自身の歯ブラシがうまくなり、虫歯や歯周病の問題もなければ、定期的にメンテナンスさせていただく形をとらせてもらっています。

そして、メインテナンスにいらしてもらった時ですが、理想的には、日頃の御自身でのケアが良くて、当院がクリーニングする所がないぐらいであれば歯や歯ぐきにが問題をおこすことがありませんし、永く御口の健康が保たれ、快適な食生活を送って頂けると思います。

また、定期的にメンテナンスさせて頂く事により、仮に御自身で気付かない何かがあれば早めに発見できます。 このような理由から当院では定期的にメンテナンスに通っていただく事をおすすめしています。

「お口の健康を長く保ちたい!」

「健康でこれからも問題なく過ごしたい!」

と思われる方は、是非クリーニングを受けることをお勧め致します。

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます