歯ブラシの選び方について - ブログ

キッズルーム 全室個室 新百合ヶ丘駅そば

ブログ

2018/01/29
歯ブラシの選び方について

こんにちは歯科衛生士の木藤です。今回は新しくruscello歯ブラシを導入したので「歯ブラシの選び方について」お話しします!皆さんは年を取ってから歯を失う原因をしっていますか?実は歯を失う原因で一番高いものが歯周病、つぎに虫歯なのです。歯周病で歯を失いたくないですよね。ではどのようにしたら歯を失わないのかどのように予防すれば良いのか気になりますよね。歯周病の予防や虫歯の予防には毎日行うご自身でのセルフケア(歯磨き)が大切です!そこで必要になってくるのが歯ブラシです。最近の薬局では販売している歯ブラシの種類が多くどれを買って良いのかわからなくなることありませんか?目的によっても歯ブラシは変わります。今回導入された歯ブラシはそんなお悩みを解決してくれます。ruscello歯ブラシには他の歯ブラシとは違い先端集中毛といって先が小さく尖っており歯と歯の間の汚れを落とせたり、奥歯にしっかり届くゆるやかな湾曲した首になっているため届きにくい親知らずの汚れもしっかり落とすことができます。歯周病ケアの歯ブラシは毛先が細長いものと短い先が丸み帯びているラウンド毛の二種類が混合されており、細長い毛先が歯周ポケットや歯と歯の間に入り込み、ラウンド毛は歯垢(プラーク)を落としてくれます。虫歯ケアの歯ブラシは毛先が全てラウンド毛で「長い毛」と「短い毛」で混合した歯ブラシになっており、歯と歯の間にブラシが入り込み効率よく磨くことが出来ます。またお口が小さい方にオススメの頭が小さく奥まで届きやすい歯ブラシもあり一人一人に合った歯ブラシを選択することが出来ます。38DB01D9-9C4A-4519-97AD-5931E984F2CF.jpegのサムネイル画像 歯ブラシだけでは無くこちらの歯科医院ではルシェロフロッサートいうフロスが苦手な方でも、歯ブラシ感覚で使える糸ようじも販売しております。こちらの糸ようじは頭の糸の部分が交換でき、使い捨てができるのでいつも清潔に使用することができます。また捨てる部分が少ない為、地球にも優しい糸ようじです。奥歯の歯と歯のケアが苦手な方や気持ち悪くなりやすく糸ようじが出来ない方にもオススメします!!AFD60C55-2D33-49ED-AFC7-DBC33853A4BB.jpeg ご自身が何を予防するべきなのか分からないという方は是非ダイヤモンド歯科へ来てください。クリーニングの際にしっかりとお口の中を検査して虫歯や歯周病の予防について分かりやすくおはなししております。またどの歯ブラシがあっているのかわからない場合にもアドバイスしております。ruscello歯ブラシについてわからないことがありましたらお気軽に歯科医師や歯科衛生士にお尋ねください。

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます