「歯が抜けてしまったときの影響」「歯の健康を保つ秘訣」 - ブログ

キッズルーム 全室個室 新百合ヶ丘駅そば

ブログ

2019/04/06
「歯が抜けてしまったときの影響」「歯の健康を保つ秘訣」

歯科医師の宇土です!
今回は、「歯が抜けてしまったときの影響」のお話と「歯の健康を保つ秘訣」について書いていきます!
歯が抜けてしまったら・・・
抜けた歯の周りの健康な歯にも影響が・・・
歯が抜けると、見た目が悪いだけでなく、食べ物を噛む力も弱まってしまいます。すると口に入れものを充分に細かくすることができなくなり、消化などに悪影響が出ます。また、歯が抜けると不規則なすき間ができて、食べかすが詰まりやすくなります。やがて口内が不衛生になり、虫歯や歯周病などの病気にかかりやすくなるのです。
さらに、歯が抜けたスペースに向かって周りの健康な歯が傾き、両側の歯がついてしまうことも珍しくありません。これによりバランスが崩れ、歯がぐらつくようになります。とくに、奥歯は口の前方に傾く傾向があります。このようになると歯並びが狂ってくるため、全体の噛み合わせが悪くなります。本来は、噛み合わせたときに、すべての歯が均等に当たるようになっているのです。
歯が抜けたことで発音がうまくできなくなることもあります。また、それまで歯を支えるためにあった顎の骨が少しずつ溶けて減少して、痩せたような感じになり、ます。年齢とともに肌の劣化が起きていることに加え、歯と顎の骨の支えが減少した結果、口元の印象も変わってきます。毎日、食事で歯に力が加わります。そのとき、抜けた空間に向かって、健康なほかの歯が傾いていきます。また噛み合わせもおかしくなってきて、健康だった歯までおかしくなっていくのです。

噛む力は、大臼歯が1本無くなっただけでも、20%近く低下します。片側の臼歯4本が無くなった人は、もう、健康時の半分しか噛めません。さらに、放置すると、顎の骨が歪んできて、噛み合わせがきちんとできなくなります。

歯が抜けてしまったら、他の歯を守るためにもできるだけ早いうちに歯科医院に行きましょう。

歯の健康を保つ日常生活の習慣とちょっとしたコツ

歯の健康を長く保つためには、早めの予防と日常の生活習慣がとても重要です。

①正しい歯磨きをていねいに、時間をかけて行うことが大切です。虫歯や歯周病の発生率が低くします。

②睡眠時間を十分に取ることも大切です。そして、適度な運動を行い、ストレスをため込まないこと。生活習慣病も歯の病気の原因の1つです。常に健康な身体を維持するように心がけましょう。

③お酒やタバコも度を越すと、歯に悪影響を与えます。また、タバコは歯周病の発生率を高めます。

④身体に必要な栄養バランスを考えて、毎日の食事をきちんと摂りましょう。カルシウム、タンパク質、ビタミン、炭水化物なども重要な栄養素です。

 日頃からこのような4つのポイントに気をつけていれば、虫歯になったとしても、ごく短期の治療ですませられることがほとんどです。逆に生活が乱れていると、症状が悪化するまで放置してしまいがちで、治療に時間がかかってしまいます。定期的に歯科医院で確認してもらいましょう 。

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます