『知覚過敏』 - ブログ

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

ブログ

2020/05/10
『知覚過敏』

『知覚過敏』

こんにちは!宮原です。
コロナの影響で皆さん大変だと思いますがお元気でしょうか?
こちらダイヤモンド歯科ではコロナ対策をしっかり行いながら皆さんのお口の中の健康を守っていけるようスタッフ一同努めています
今回は、『知覚過敏』についてお話しします。
私もたまに症状がでますが、冷たいもの甘いものを食べた時に「キーン」と来るしみ、歯ブラシをしていて毛先が触れると来るしみ、とても嫌ですよね。
知覚過敏とは歯の象牙質をおおっている硬いエナメル質や歯ぐきがなんらかの原因で失われたときに、むき出しになった象牙質から神経へと刺激が伝わって起きる痛みです。
むし歯はなくても、もしかしたら歯にヒビ割れがあったり、歯のどこかが傷んでるのかもしれません。
早めに歯科で診てもらいましょう。
知覚過敏の症状を少しでも改善するために自分でできることもあります。
軽い知覚過敏なら習慣や癖を改善するための対策を打つだけで自然に治る場合もあります。
まずしみる症状の原因を、知覚過敏のリスクチェックをしてみましょう。
①歯ぎしり、食いしばりしていませんか?
 過剰な力は歯のヒビ、欠け、咬耗、詰め物や被せ物の痛みの原因になります。
 自分では気づかない癖なので、お口にその痕跡がないか歯科医院で診てもらいましょう。
 就寝中につけるマウスピースもおすすめです。
②ゴシゴシみがきをしていませんか?
 はみがき中ゴシゴシ強くみがき過ぎしまうと、歯を摩耗させたり、歯ぐきを痩せさせてしまいます。
 「どの程度の力でみがいたらよいのかな?」と思われるかたは、歯科医院で歯みがき指導を受けてみましょう。
③歯みがき不足になっていませんか?
 じつは「歯みがき不足」も知覚過敏のリスクになります。
 歯にベッタリつく歯垢の中にむし歯菌の出した酸が溜まってしまい再石灰化層などを溶かしてしまいます。
 やさしく丁寧に歯みがきしましょう。
④スポーツ時や熱中症対策、なにを飲んでいますか?
 スポーツ時や夏の熱中症対策にこまめな水分補給が大切です。
 しかしスポーツ飲料やビタミン飲料、イオン飲料ばかりチビチビ飲むと歯が溶けやすくなります。
 ふだんはなるべく水やお茶にしましょう。
⑤歯ブラシや歯みがき剤はなにを使っていますか?
 ヤニとり歯みがきは研磨力が強く、ステイン除去機能の高い歯みがき剤も、
 研磨剤がたくさん入っているものがあるので避けた方が無難です。
 歯ブラシ、歯みがき剤選びに迷ったら歯科医院で相談しましょう。
⑥すっぱい物を摂りすぎていませんか?
 健康のために積極的に柑橘類を食べ、酢や酢の物を摂るかたが増えています。
 酸味はからだによくても歯には悪いことも多いです。
 ご自分に合った食べ方を歯科医院で相談しましょう。
⑦お口のなかパサついていませんか?
 持病の薬を飲んでいるかたに多いお口のパサつき。
 薬の副作用で唾液の分泌が減ると、再石灰化などの形成がスムーズに進みません。
 また、体調の悪いときも知覚過敏になりやすいです。
知覚過敏はさまざまな歯の病気の初期症状に似ています。
診断には慎重さが必要でさまざまな可能性を検討しながら原因を特定し診断を行います。
つまり、知覚過敏の段階で受診しておくとほかの歯の病気も早期発見できる可能性が高まります。
歯が発する知覚過敏という黄信号を見逃さないようにしましょう。
症状のあるかた、気になるかたはお気軽にご相談ください。

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます