ブログ

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

ブログ

2020/04/22
コロナ疲れしていませんか??

 皆様新型コロナウィルスの影響で色々お疲れが出てきている時期ではないでしょうか?
一口にストレスと言っても実は自身の考え方で体の反応が大きく変化するのはご存知でしょうか?


まず皆さん「ストレスは身体に良くないよね〜??ストレスで肌荒れが起きてるよねー!」って言葉良く聞きませんか?

実はこれ間違った研究であったと言うことが研究者本人の口から言われています。

これらストレス研究の第一人者であるスタンドード大学心理学者であるケリーマクゴニガル先生は長年リサーチを続け「ストレスは害である」と言う本や講演を行ってきました。

しかし、近年その研究が間違いであったと本人が証明しているのです。

研究の中で「ストレスは体に良いと考える人、ストレスは体に悪いと考える人とに分け、それぞれの体の変化や選択を解析した研究」があります。

結果はなんと、同じストレス条件にかかわらず

①ストレスは体に良いと考えた学生は成績や体調がすごく良い。

②一方ストレスは体に悪いと考えた学生は体調を崩したり成績も悪くなる

と言う驚きの結果が出ました。前向きな考えこそ、自分自身の健康保つ秘訣だと言うことがたくさんの研究から証明されています!

つまりは考え方一つで身体も仕事や勉強の結果も変わってくると言うことです!

 

download.jpg

 

院長もこれをチャンスと捉え!ダイエットできるぞ!家族とたくさん過ごせるぞ!家で勉強ができるぞ!などなど前向き計画を実行中です!皆さんも前向き計画是非スタッフに教えてくださいませ!

彼女がTEDにて「ストレスと上手に付き合う方法」と題したプレゼンは再生回数90万回を越えて世界中の人々に支持されています。

日本語版を見つけたので皆様も是非STAY HOMEの嗜みにしてください!

https://youtu.be/IQjHe3XaglQ

2020/04/21
口腔保湿ジェル!!

 

こんにちは

歯科助手の堀岡です

最近自宅で過ごす時間が増えたので、、、

ついサボり気味になっていましたが、、、

アロマ×加湿器を自宅でも再開してみました☆★

ラベンダーやローズイランイランなど花の香りが好きだったのですが衛生士の萩原さんがダイヤモンド歯科でマンダリンを使用している影響で最近は柑橘系もよいなぁと使い始めてみました

香りに癒されながらついでに肌の保湿効果を期待します♪♪

 

肌の保湿も大切ですがお口の保湿もとっても大切

年齢とともに知らず知らずに起きてくるお口のなかの唾液不足

唾液不足になるとお口のなかがパサパサしたりむし歯が増えたり口臭が強くなったり、、、

でも実はちょっとした工夫で改善できます

今回は口腔保湿ジェルについてご紹介したいと思います☆★

 

 

唾液が減ってお口のなかがパサパサすると飲みにくいおしゃべりしづらいむし歯ができやすい口臭が強くなる入れ歯がこわれやすいなど、、、色んな不都合が出てきます

手がカサカサしてつらいときにハンドクリームを塗るのと同じでお口のパサつきがつらいときには口腔保湿ジェルをぜひ使ってみてください

ハンドクリームを塗ると手肌がしっとりして楽になるのと同じでお口の粘膜がうるおってホッとすると思います

最近の口腔保湿ジェルはなべて高品質でお口のなかの水分を含んでスーッと薄く伸びてくれます

医療や介護の現場のニーズの高まりもあって品質の向上とともに香味の種類もぐっと増えお好みに合わせて選択しやすくなりました

無香味のもの酸味で唾液の分泌を促すライム味刺激を抑えたマイルドなミント味ほのかなはちみつ味などやさしい香味のものが各社から発売されています

お口のなかで使うものだけに香味選びはとっても大事です試供品なども利用しながらお気に入りを見つけてみるとよいと思います☆★

 

最近の口腔保湿ジェルにはさまざまな有効成分が配合され製品ごとに工夫が凝らされています

たとえばヒノキ成分や唾液に含まれるペプチドラクトフェリンなどの抗菌成分が配合されている製品

唾液の分泌が減少すると唾液の抗菌作用が十分に働かなくなってしまうのですが唾液の機能を補おうというわけです

 

またほのかな甘みには虫歯の原因にならないキシリトールが使われるなど口腔保湿ジェルは唾液が分泌不足になったときの強い味方になってくれます

舌が乾いてヒリヒリしたり入れ歯がこすれて痛いというかたはアルコール成分や酸味など刺激のあるタイプは避けましょう

どんな成分が入っているか製品の表示をよく見て選んでくださいね☆★

 

 

2020/04/18
コロナウィルス感染防止対策2

コロナウィルス感染者数の増加に伴い、

院内感染防止対策として、

①来院患者さんへのお願い

②来院時の確認

③スタッフのマスクの着用について

④院内感染防止対策

①来院患者さんへのお願い

コロナウィルス感染者数の増加に伴い、

院内感染防止対策として、

①熱があった方(37.5℃以上)

②咳の出る方

③喉の痛みを感じる方

④味覚障害・嗅覚障害が出始めた方

2週間以内に海外渡航歴のある方

は歯科受診はお控えください。

感染者数が多い県外へ旅行、仕事に行かれた方で

痛みが出ていない不急の治療に関しましては、

神奈川に戻られてから2週間経過以降に延期して

予約させて頂きます。

誠に恐縮ではございますが

ご理解の程、宜しくお願い致します。

②来院時の確認

新型コロナウイルスやインフルエンザ、風邪等の感染症防止のため、

受診される患者さんにはマスクの装着やうがい、アルコールにて手指消毒をお願いしております。

また来院時は、体調について申告・問診をし、場合によっては歯科治療をお断りすることもございますので、どうかご理解ご協力をお願い申し上げます。

受付にはアルコール消毒剤が置いておりますので、必ず手指消毒をお願いします。

当院では、十分な消毒や滅菌などの感染症対策を施行しておりますが、もし以下の方は、受診前に必ずお電話 (℡044-959-0648) にてご相談下さい。

①かぜの症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く方

②強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

③高齢者や基礎疾患のある方は、上記の常態が二日程度続く方  

 

 当院では、診療室のとびらや窓などをすべて開放状態にし、できるだけ待合室で患者様同士が接触しないように席を話すなど対策をしておりますので、『痛い・腫れた』などの救急患者様さん以外は、予約連絡なしでの定期健診やスケーリングなどの当日来院は避けていただき、一度当院受付にお電話 047-451-2654 にて来院予約等についてお気軽にご相談をお願い申し上げます。     

③スタッフのマスクの着用について

ダイヤモンド歯科では、新型コロナウイルスに伴い感染対策として、スタッフ全員のサージカルマスクアイゴーグル着用実施しております。

マスク着用は「感染予防対策」として、患者さんやスタッフの健康と安全確保を考慮するものです。 安心して来院できるように環境づくりを行なってまいります。

ご理解のほどよろしくお願いします。

※サージカルマスクについて

医療現場で使用されているマスクであり、「感染防止」の為に使用されるマスクです。

サージカルマスクは家庭用マスクと比べると、非常にフィルターの目が細かいのが特徴です。

医療従事者や患者を感染から守るために、「微粒子」「ウイルス」「血液などの液体」から保護す る目的で使用されるマスクです。

④院内感染防止対策 

スクリーンショット 2020-04-18 10.05.48.png

院内感染防止対策とし二次感染を防ぐため、スタッフには

毎朝・終業後体温を測って記録をつけて体調管理をしております

 

 スクリーンショット 2020-04-18 10.17.20.png

スクリーンショット 2020-04-18 10.14.45.pngスクリーンショット 2020-04-18 10.14.29.png

 

 

  

 

 

安心して来院できるように環境づくりを行なってまいります。

ご理解のほどよろしくお願いします。

 院長

 

 

 

2020/04/16
唾液はとっても大事!

唾液はとっても大事!

歯科助手の人見です。

今回は唾液についてお話したいと思います。

唾液は口の中の3大唾液線から主に分泌されます。それらの唾液腺から毎日約1リットルもの唾液が分泌されています

唾液の分泌によって口の潤いは保たれています。もし不快なほど口が乾いたり、ネバついたりすることがよくある場合、ドライマウスの可能性があります。気づいた時には、唾液の量は通常の半分程度になってしまっていることが多いです。

そして細菌などを洗い流すための唾液の量が充分でないと、口臭、ムシ歯、歯周病などを引き起こしやすくなります。また話しにくくなったり、噛むのが大変になったり、食べ物の味が変わったと感じるようになったりすることもあります

*唾液の役割

清浄と洗浄・・・

歯や歯ぐきに残っている食べ物を洗い流します。

虫歯を予防・・・

唾液に多く含まれるカルシウム、フッ素、リン酸イオンの働きで虫歯を防いでくれます。

口内を保湿・・・

話す、噛む、味わう、飲み込むなどの助けをします。

細菌の抑制・・・

菌の繁殖を抑え、感染症や口臭を予防します。

緩衝・・・

口の中のpHを、中性に保ってくれます。

保護・・・

口の中の組織を守ります。

*ドライマウスになってしまうと...

ドライマウスは成人の4人に1人もの割合で見られる一般的な状態です。だ液腺からのだ液の分泌が充分でない場合に起こります。だ液には以下に挙げたような重要な役割があるため、ドライマウスは口内の健康状態に悪い影響を与えることがあります

水を飲むことで、口内のネバつきや乾燥が和らぎます。しかし、水には潤いを保つ成分は入っていないので、不快感が緩和された状態は長続きしません。このため、常に水を飲み、水分を取りすぎた状態になり、トイレに何回も行くことになってしまいます。

*ドライマウスの原因

加齢、薬の副作用、ストレス、口呼吸、糖尿病、放射線治療、透析、寝たきり、不規則な生活、

喫煙、シェーグレン症候群、口腔乾燥症など...

ドライマウスを放っておくと、口臭、虫歯、口腔感染症などのリスクが増加します。

まずは、ドライマウスの原因と状態を正しく理解しましょう。これが、不快感を和らげ、口全体をより健やかな状態に保つための第一歩です。

*ドライマウスへの対策

・カフェイン、タバコ、アルコールを控える。

・塩分の多い食べ物を控える。

・規則正しい生活をする。

・加湿器を使い、お部屋の中を潤す。

・鼻呼吸を心がけ、口の中の潤いを保つ。

服用している薬がドライマウスを引き起こしている可能性があるため、医師に相談を。

市販されている口腔保湿ジェルなども販売しています。口の乾きがきになる方は、保湿ジェルで補う事もオススメします。

最近の保湿ジェルにはさまざまな有効成分が配合されています。

たとえばヒノキ成分や、唾液に含まれるペプチド、ラクトフェリンなどの抗菌成分が配合されている製品があります。唾液の分泌が減少すると、唾液の抗菌成分が充分に働かなくなってしまいますが、そういった成分が配合することで唾液の機能を補う事ができます。

口の乾きは病気の重要なサインでもあるので、まずは気軽にご相談下さい。

ダイヤモンド歯科のスタッフと一緒に、お口の中の健康を作りましょう!

2020/04/16
「歯医者に行くとコロナの感染リスクは上がるの??」

院長の宮島です。皆様新型コロナウイルスの影響で生活に不安を覚えてらっしゃる方もたくさんいることかと思います。1日でも早い終息をしまた平和に暮らせるよう心から願います。


さて、冒頭のタイトルですが、テレビやインターネットなどで専門家が書いたものとは考えにくい記事が多数取り上げられています。

私達、専門家は普段患者さんに治療を提供する根拠としてEBM(しっかりした統計を参考にする)を治療の決定で活用します。

鉢に刺されたらおしっこをかけよう!」と祖母が言っていたのを思い出しますが、あれは鉢の毒素が酸性であることに対し、アンモニアで中和する効果を狙っての言い伝えだと思いますが、実際は効果は有りません。むしろ危険です。

以下参照

https://www.j-cast.com/2017/08/13305230.html?p=all

そこで私達が正しいであろうと情報を得るのは、PUBMEDという世界中の研究データが集約されたサイト、もしくはそれをまとめたものを読み解いて意思決定とします。

がしかし、その読み解き方も一つ間違えると大きく違う情報として伝わってしまいます。

先日NYタイムスの一面を飾ったのが

「働く人の感染リスクランキング」

です。

【The Workers Who Face the Greatest Coronavirus Risk】
By Lazaro GamioMarch 15, 2020

93110328_671667393588417_924253163685412864_n.jpg

この記事を読むと歯科医師が一番危険に晒されていると思ってしまいます。

このグラフ、「歯科医療従事者は感染リスクが高い!これは新発見!」というように扱われていますが、「X軸は人との距離」、「Y軸は病気への暴露」で構成されていますので、

単に「病人と距離が近い職業」ということを表したグラフです。

「医療従事者が病人と距離が近い職業」だと言うことは、新発見どころか、医療従事者にとっても、一般の方にとっても周知の事実です。

「感染リスクが高い職業相関表」のように扱われていますが、「無防備、無対策の場合、感染リスクが高い職業相関表」に過ぎません。

このグラフに意味を持たせるとすれば、「どの程度、感染対策を行なっているか」というZ軸が必要になります。

【歯科の新型コロナ蔓延以前から取り組み】

私達、医療従事者は、職場で清潔な白衣に着替え、正しく手指洗浄を行い、ディスポーザブルのマスクとグローブを装着し、さらにアルコール消毒を行なって診療しています。また、清潔域と不潔域を理解し、触れてもいい場所と触れてはならない場所を無意識レベルで区別しています。

「どの程度、感染対策を行なっているか」というZ軸があれば、歯科医療従事者は「病人と距離が近い職業であるが、日常的に感染対策を行なっている職業」というカテゴリーに入るわけです。

このグラフの左下に位置する「病人と距離が遠い職業」の方であっても、Z軸が「全く感染対策を行なっていない」とすれば、そちらの方が、感染リスクが高い職業ということになります。

先日新百合ヶ丘の内科や整形外科を受診しましたが、どこも雑誌や共有する場所や手指消毒指示、疑い患者のスクリーニングや、待合室が込まないように対策などなどは行っていませんよね。。。 

【不安に感じている患者様へ】

自粛の中で歯の痛みで辛い時に、我慢しなくてもダイヤモンド歯科が感染対策を充分にして、皆様を迎えする努力を毎日してお待ちしております。

2020/04/09
舌のトレーニングについて

舌のトレーニングについて

皆さんこんにちは!

歯科衛生士の萩原です。暖かくなってきましたが乾燥続きで怖い風邪も流行っております...手洗いうがい、適切なマスクの着用で予防していきたいですね

さて、なかなか外出もできないまま時間が過ぎ、自宅でヨガや筋トレに励みたいところですが、自分に負けて過ごしてしまいなんだか運動不足です。。自宅で筋トレやヨガをしなくちゃ!と思っている今日この頃、お水たくさん飲んで乾燥に負けず、筋力もつけて健康的な身体づくりに励みたいと思います♪

 

 

 

 

 

 

筋トレ関連で、今日は唾液の分泌が促進される舌トレーニング、略して"舌トレ"についてお話ししたいと思います(^^)

唾液の分泌が促進されると虫歯や歯周病になるリスクも下がります。唾液には抗菌作用がありますし、歯の周りに付着するプラークを付着させにくくしたり、細菌を洗い流す効果もありますよ

舌は鍛えがいのある筋肉のかたまりで、舌トレをすることで唾液腺も刺激されます。

ジムで身体の筋力アップをするように、お口の中やお口の周りの筋肉トレーニングをすることは、

口腔内の健康や、食べ物をごっくんと飲み込む機能の維持にとても効果的なのであります(^.^)

舌は狭いお口の中を上下左右にしなやかに動く筋肉のかたまりです。舌が動くたびに、舌の下にある舌下腺はもちろん、顎下腺、そして耳下腺の下付近にある耳下腺が刺激され、唾液が分泌されます。

食事をすると唾液がたっぷり出るのも、食事中に舌がさかんに動くから。ところが、早食いの習慣があってお茶で流し込むように食べていたり、入れ歯でお口の中が狭くなっていたりすると、舌が運動不足になって衰えます。すると当然ながら唾液腺への刺激が減り、唾液の分泌が減ってしまいます。

またもともと舌に筋肉がなかったり、正しい位置に置いてなかったりすると歯並びや喋り方にも影響がでたりします。

"最近、お口のなかがパサパサするな"と感じているかたは、舌の筋トレをして、唾液腺をしっかり刺激していきましょう♪

①まずは簡単な舌トレ

舌をチッと鳴らす......

...気に入らない時に鳴らすような感じで、舌を"チッ"と鳴らします。おとなしい音しかしないかたは舌の筋肉が痩せてきているのかも。派手な音でクリアに10回程度トレーニング!

②舌で頬の内側をなめる...

...舌で頬の内側をなめます。頬の右側、左側、右上、右下、左上、左下。  

頬の近くにある耳下腺が刺激されて唾液がたっぷり出ます。上から下までしっかりなめましょう。

③舌をぐるぐる回す...

...舌をくちびると歯茎の間に入れグルリと一周まわします。つぎは反対向きに一周。左右とも10回ずつどうぞ

④舌をぐっと上に出す...

...舌を思い切り出して上にあげます。かなりハードな舌トレで、首に触ると耳の下や首の筋肉も働いているのがわかります。舌を上に出したまま、右や左に動かしてもOK! 

舌トレはどれも面白い顔になってしまうので、人前ではあまりオススメできませんが、おうちでのんびりと、時にはお友達同士で笑い合いながら行ってみてください(^^)ラックス気分のほうが唾液が分泌しやすいようです♪

上記の②〜④の筋トレを数回行うだけでもかなり舌がくたびれます。最初は無理をせずに、慣れてきたら徐々に回数を増やして、続けてみましょう。

舌の付け根の筋肉は、頬やあご、首の筋肉につながっています。しっかり動かすと実はお顔の輪郭のシェイプアップにもとても効果

唾液の分泌量を増やすだけでなく、綺麗なお顔のラインもゲットできて、まさに一石二鳥ですね♪

2020/04/02
お子さんのはみがき剤について、

こんにちは、歯科助手の、堀岡です。
桜や、チューリップなど、、、春のお花が花屋さんに並び、、、もう、春ですね♪
コロナウイルスの影響で、最近は室内で過ごすことが多く、、、
息子が大好きなディズニーランドも、行けず、、、
本を読んだり、映画を観たり、音楽を聴いたりするのが、最近の休日の過ごし方です。
つい、ハマってしまって、寝不足が続く今日この頃です。。



さて、今回は、お子さんのはみがき剤について、お話させていただきます★☆

「小さな子どもには、フッ素は使わないという」時代も、ありましたが、現在の予防科学では、「歯が生えたら使いましょう」が世界のスタンダードです。

フッ素には、歯を硬く丈夫にし、歯の再石灰化(修復)を助けてくれるという、素晴らしい効果があります。
思うように、仕上げみがきをさせてくれない時期の、むし歯予防の強い味方になるので、ぜひ、使っていきましょう。

ただし、月齢や年齢ごとに、推奨されている安全な使用量や、フッ素濃度が異なります。
まだ、うがいができない月齢でも、決まった使用量なら大丈夫です
(フッ素がお口に残るほうが、予防効果があがるので、うがいできるお子さんにも、10cc程度の少量の水で一回だけとお願いしているくらいです)

歯が生え始めた赤ちゃんなら、はみがき後に、たくさん出てくる唾液を軽く拭う程度で大丈夫です。

もし、研磨剤が気になりましたら、研磨剤無配合の泡状や、ジェルタイプのはみがき剤もあります。
小さな頃から、はみがき剤に慣れておくと、イヤイヤ期にはじめて使うより、ずっと抵抗感が少ないです。


★フッ素配合はみがき剤の年齢別濃度と少量量★
☆歯が生えた~2歳
 使用量:少量(切った爪程度)
 フッ素濃度:500ppm(泡状は1000ppm)

☆3~5歳
 使用量:5ミリ以下
 フッ素濃度:500ppm(泡状は1000ppm)

☆6~14剤
 使用量:1センチ程度
 フッ素濃度:1000ppm

ダイヤモンド歯科に通って下さるお子さんは、「グレープがいい」、「レモンティーにする」「ピーチ美味しい」、、、と、迷いながら味を決めていて、とても可愛いらしいです♪♪
私の息子は、まだ2歳なので、500ppmのチェックアップゲル バナナ味を使用しています。
現在、イヤイヤ期に突入で、仕上げ磨きはひと頑張りですが、、、はみがき剤は、とても気にいってます。
お子さんの歯の健康を守るために、ぜひ、はみがきをするときは、はみがき剤をお使い下さいませ♪♪

2020/03/26
当院での新型コロナウイルス対策の取り組み

ダイヤモンド歯科では新型コロナウィルスの感染者を当院から出さないために全力で対策を行なっております。

①マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、ゴーグルの着用。
②グローブの患者さまごとの交換

③患者さま用のエプロン、コップは使い捨てにし、患者さまごとに廃棄。

④治療器具は、ドリル等のハンドピースを含め患者さまごとに交換し、消毒滅菌。
⑤診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
⑥スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。
⑦診療室内での医療用空気清浄機の稼働。

⑧玄関、待合室への消毒液の設置。
⑨ドアノブや取っ手、手すりの消毒液による清拭。

⑩待合室ソファの消毒液による清拭。

⑪定期的な換気。

⑫次亜塩素酸による空間除菌(エピオス水による空間除菌で空気中のエアゾルを不活化します)

*以下のことを患者さんにもご協力頂きます、ご理解の程よろしくお願い致します。

①来院時必ず手指の消毒
②治療前には消毒薬による洗口

③2週間以内の海外渡航歴もしくは発熱や咳症状のある方は来院をお控えください。

この困難をみんなで乗り越えましょう!

院長 宮島 大地

2020/03/16
顎関節症をご存知ですか?

皆さんこんにちは、歯科医師の後藤です。

すこし暖かくなってきて、春の訪れを感じる時期になりましたね。

季節の変わり目で体調を崩されないようお気を付けてお過ごしください。

 

今回は顎関節症についてご紹介します。

テレビなどでもたまにみかけて知っている方もいらっしゃると思います。

まず顎関節とは、耳の穴の前にあり上顎と下顎を関節円板(軟骨)と靭帯と筋肉が繋いでいる構造全体を指します。

顎関節は口を開け閉めする機能がありますが、構造のどこかに異常が起きると顎関節症となり症状を伴うことがあります。

顎関節症の代表的な症状は顎の痛み(顎関節痛・咀嚼時痛)、口を開ける事が出来ない(開口障害)、口の開け閉めで音がする(顎関節雑音)です。

今まで上記の症状をご経験されたことのある方もいるのではないでしょうか。

口の開け閉めで音がするのは、肩や首を動かして音が出るといった状況と同じですが、顎関節は耳の側にあるため音が気になる方が多いです。

 

現在、顎関節症の原因で世界的に提唱されているのは、1つに絞ることが出来ないとされています。これは「多因子病因説」と呼ばれています。

顎関節を構成している機構が多いことや、関節や筋肉に負担のかかる要因が多々あるためです。要因1つ1つは大きなリスクではありませんが、多数集まることによって症状を起こすほどの原因となります。

 

原因が様々であるため治療は要因の1つ1つを解消していくアプローチになります。

顎関節雑音だけであるなら、生活習慣でのストレスの除去や運動などをする、また顎への負担を軽くするため大きく開けない、マウスピースを使い負担を減らすなどで症状の軽減を図ります。

生活指導をして要因の解消をしていくこともあります。日常生活における行動や癖が症状と関係している場合があるので、ご自身で気を付ける事が有効な対策になります。

生活指導には、硬い食品や長時間の咀嚼は避ける、頬杖をやめる、猫背などの姿勢をよくする、仕事中や休息時に上下の歯が接触していることに気付いたら歯を離すようにする、特に強い心理的な緊張を感じる環境があれば、それを改善し避ける等です。

これらは癖になっていると、自覚せず顎関節への負担になっています。

理学療法として、手指による筋肉のマッサージ、ホットパックによる温罨法、筋肉や靭帯などの柔軟性や伸張性を改善するストレッチや、疲れやすい筋肉を鍛えて耐久性を向上させる筋力増強訓練などもあります。

 

顎関節症は、珍しい疾患ではありません。気になる方はぜひご相談にいらしてください!

2020/03/09
子供の歯ぎしり


皆さん、こんにちは。
歯科助手の人見です。
冬なのに暖かい日が続いていますね。
毎年冬はホカロンを毎日使っていたのに、日中に10度を超える日が増えたのでほとんど使わなくなりました!
寒いのが苦手なので過ごしやすいのはありがたいですが、一方で雪不足なのが心配ですね。。
今後日本の四季はどうなってしまうんだろうか。。



という事で話は変わりますが笑、今回は子供の歯ぎしりについてお話したいと思います。


お子さんが、睡眠中歯ぎしりしていて心配だなと思った事はありませんか?
私の子供もよく歯ぎしりをしていて、歯が削れちゃう!ととても心配になりました。



実は大人の歯ぎしりと違い、子供は誰でも生理的に歯ぎしりをするものなのです。
子供の歯ぎしりは、「睡眠随伴行動」と呼ばれるもので、おねしょや寝言などの仲間なのです。
起きた時は覚えていないし、成長とともに自然と消えていく行動です。
まれに歯ぎしりが強すぎて詰め物がすぐ取れちゃうようなお子さんもいますが、詰め直したり、高さを調節しているうちに永久歯へと生え替わります。



歯ぎしりで乳歯が削れてしまいますが、そういうお子さんてとても多いんです。
3歳〜5歳のお子さんは顎関節の蝶番が柔軟で、可動域が大きいため、それにより顎がグラインドし歯が摩耗してしまうんです。
それに、永久歯に比べて乳歯は柔らかいのでとても削れやすいのも特徴です。



永久歯は歯ぎしりによって削られるとしみますが、乳歯はしみる症状がありません。
6歳頃に生えてくる6歳臼歯が一緒に削られてしまう場合はしみる事もあるので、白い詰め物やナイトガード(顎の成長を妨げない程度に)を使って歯を守る対策が必要になることもあります。
こういったケースは極まれなので、通常は永久歯に生え替わるまで治療せず経過観察します。



上記に述べたように、子供の歯ぎしりは当たり前ではありますが、この歯ぎしりをさらに激しくしてしまうリスクファクターがあります。
それは「悪い睡眠習慣」です。
睡眠時間が不足していたり、起きる時間や寝る時間が不規則だと、お子さんの場合歯ぎしりが増幅されやすいのです。
大人の睡眠不足も深刻で、日本は先進国の中で一番睡眠時間が短いのです!
実は子供の睡眠不足は大人(特に母親)の睡眠不足の影響を受けている事が調査でわかりました。
お母さんがフルタイムで働いていると、夕ご飯やお風呂が遅くなり、結果寝る時間が遅くなってしまいがちですよね。
子供を寝かしつけた後は洗濯物を畳んだり、食器を洗ったり、翌日の子供の準備など遅くまで起きている事が多いです。
こうしたお母さんの睡眠時間の影響は小さいお子さんほど顕著です
フルタイムで働くお母さんのためにも、お父さんの協力が必要です。お子さんを寝かしつけた後の家事は、ぜひお父さんにお願いしたいものです。



子供の歯ぎしりについて、なんとなく理解していただけましたか?
歯ぎしり以外にも、もし不安な事や気になる事があればお気軽にお聞きください。

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます