百合ヶ丘のダイヤモンド歯科 | 神経温存療法

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

神経温存療法

従来の虫歯治療では大きい虫歯は神経を取ることが一般的ですが、最新の治療方法では神経が露出しても適切な診断と適切なMTA充填にて神経を守ることが可能になりました。
*注意 痛みの程度、虫歯の深さ、神経の状態によって残せるかを判断します。全ての神経が温存できるわけでは有りません。

  • 神経温存療法

    1

    詰め物が簡単に剥がれました。

  • 神経温存療法

    2

    青い部分が虫歯です。

  • 神経温存療法

    3

    神経が大きく露出しています。

  • 神経温存療法

    4

    MTAを詰めました。

術前

  • 神経温存療法
  • 神経温存療法

術後

(3年後のレントゲン及び神経の反応もありました)

  • 神経温存療法
  • 神経温存療法

神経温存療法

神経温存療法は覆髄、歯髄保護としてMTAを利用して、抜髄せずに神経を残す方法
治療回数…2回
※別途補綴の治療期間がかかります。

治療方法

(1)ラバーダムを行い清潔な処置ができるようにします
(2)虫歯を取り除きます(神経が露出します)
(3)MTAを詰めます
(4)細菌が侵入しないよう蓋をします
  - 2週間ほど経過をみます -
(5)痛みが無いこと、神経が生きていることを確認(EPT&レントゲン)
(6)最終的な詰め物をします(ダイレクトボンディング、 セラミック、etc...)

リスク

MTAセメントによる歯髄保護・断髄にはリスクを伴います。MTAを用いた神経温存は術前の症状、むし歯の進行度合いにより適応かどうかを判断致します。
万が一むし歯を削った上で神経温存療法が出来ないと判断した場合、抜髄の処置が必要となる場合がございます。
神経の状態が悪い場合(ネクローシス及び激しい出血)はMTAを詰めずに神経を取る(抜髄)治療に移行する場合があります。

※注意 痛みの程度、虫歯の深さ、神経の状態によって残せるかを判断します。全ての歯の神経が温存できるわけでは有りません。

治療後考えれるリスク

MTAセメントの治療精度は100%ではありません。施術が完了した後でも、MTA後にズキズキなどの症状が続く場合は神経が炎症を起こしていると判断し、神経を取る治療(抜髄)に移行します。
痛みが無い場合も無症候で歯髄失活(神経が死んでしまう)になることがある為、2年間はレントゲンや神経の反応を確認する必要があります。

治療費

MTA ¥70,000(税別)+ 最終修復
最終修復(詰める治療費用)が別途掛かります。

最終修復
詰め物(ダイレクトボンディング) ¥35,000
被せ物(セラミック) ¥65,000~

当院の内部がご覧になれます